デリケートゾーンの黒ずみはなぜ出来るのか|予防法を教えます!

MENU

デリケートゾーンの黒ずみはなぜできる?

デリケートゾーンが黒ずんでいることにお悩みの方が多いようです。遊んでいるわけでもないのになぜ黒ずむのでしょうか。

 

デリケートゾーンの黒ずみはある意味仕方がありません。というのは、デリケートというようにこの部分は肌が敏感だからです。下着とのこすれや、アンダーヘアの処理が大きな刺激となってメラニンが発生し、色素沈着して黒ずむのです。

 

でもだからと言って、すべての人のデリケートゾーンが黒ずんでいるわけではありません。この違いはなぜ発生するのでしょうか。体質の違いはもちろん大きいです。

 

白人はメラニンが少ないので黒ずみはほとんどないと言われています。ただ、黄色人種の日本人でも黒ずみがほとんどない方もおられます。これはなぜなのでしょうか。

 

おそらくケアが違うからでしょう。

 

なるべく刺激を与えないように、下着はサイズの合ったもので、なおかつコットンやシルクなどの天然素材のものを使うとか、アンダーヘアの処理はエステやクリニックでやって刺激を与えないなど、デリケートゾーンを想ったケア方法をしているからでしょう。

 

さらに顔などと同じように、乾燥を防ぐための保湿ケアもしている可能性が高いです。乾燥も黒ずみの原因ですから、デリケートゾーン専用の化粧品でのケアも黒ずみを防ぐ対策となります。

 

 

 

デリケートゾーンの黒ずみ予防法は?

デリケートゾーンで気になるのが黒ずみです。黒ずんでいると不潔な印象ですし、遊んでいると思われるのもしゃくにさわります。

 

デリケートゾーンの黒ずみ予防のためには何をしたらいいのでしょうか?

 

まずは黒ずみの原因を知りましょう。デリケートゾーンはデリケートというように肌が敏感です。そのため下着のこすれや、ムダ毛処理などの際の刺激がかなりのダメージになります。肌が深刻なダメージを受けないように発生するのがメラニン色素です。日焼け肌が小麦色になるのはこの色素のせいです。

 

 

これによって肌はダメージから守られますが、この色素がそのまま肌に残って色素沈着することがあります。これが黒ずみの原因なのです。これを踏まえた上で、とるべき予防策についてご紹介します。

 

まずは何と言っても肌に刺激を与えないことです。具体的には、下着はサイズの合ったものでコットンやシルクなどの肌に優しい天然素材のものを使うこと。そして、ムダ毛処理はサロンやクリニックで刺激の少ない方法で行うことです。

 

さらに予防策として、デリケートゾーン用の保湿化粧品などを使うと効果的です。肌に潤いが戻ることでターンオーバーも正常に近づくからです。

 

刺激を与えないことでメラニンの発生を防ぎ、保湿をすることで肌の力を高めることで黒ずみを予防できるはずです。

 

 

 

重曹はデリケートゾーンの黒ずみに効果がある?

重曹はデリケートゾーンの黒ずみを解消する効果が期待できます。重曹は掃除で汚れ落としなどにも用いられるもので、強い研磨作用があります。

 

そのためデリケートゾーンの肌を磨くことで、古い角質が除去されて、肌環境が整えられ、肌のターンオーバーが正常化されることにつながります。

 

つまり新しい肌の角質が表面に押し出されることになるので、これに伴って肌の深い部分にあるメラニンも古い角質と同時に排出され、黒ずみの解消につながります。

 

それでは重曹を使ったデリケートゾーンの黒ずみケアの正しい方法はどのようなものなのでしょうか。一番簡単な方法は、普段使用しているボディーソープに混ぜて、デリケートゾーンを洗う方法です。

 

いわゆるスクラブのような使い方が効果的であるといえます。この時に注意することとしては、あまり強くこすり過ぎないということです。

 

重曹は高い研磨作用があるため、強くこすり過ぎてしまうと肌荒れにつながる可能性もあるのです。しかし重曹は、あくまでも肌のタンオーバーの正常化を促す効果しかありません。

 

美白成分は入っていないため、効果があらわれたとしても時間が非常にかかるといえます。そのため黒ずみを解消するためには、同時に専用の美白クリームなどを使うとよいでしょう。

 

 

 

ワセリンはデリケートゾーンの黒ずみに効きますか?

ワセリンをデリケートゾーンの黒ずみ対策として使っている人はたくさんいます。ワセリンとは石油を原料にしたクリームで、石油から不純物を取り除いたものを指します。

 

不純物が少なければ少ないほど白く、残留物が多いほど黄色い状態となります。主な効果としては肌の表面にとどまって肌を保護することです。

 

外部の刺激から肌を守ったり、肌の内部から水分が蒸発するのを防ぐ役割があります。通常のケアクリームの場合には、肌の中に浸透して保湿する効果が大きいですが、ワセリンは浸透しないという特徴があります。

 

その歴史は古く、140年以上前に誕生し、世界中で愛用されています。日本でも普及していて、ドラッグストアや薬局で購入することができます。1000円以内で買えるものもあり、手頃に購入できるといえるでしょう。

 

同じワセリンでも純度が高いのは医薬品として扱われているものです。デリケートゾーンの黒ずみ対策に用いる場合には、医薬品の方を選んだ方が安心といえます。

 

ワセリンの効果は乾燥や肌荒れから肌を守ることです。

 

そのためデリケートゾーンの黒ずみの解消に使う場合には、保湿成分や肌のケア成分、そして美白成分などが入った専用のクリームを同時に使うとよいでしょう。

 

 

 

ヨーグルトパックで解消できる?

デリケートゾーンの黒ずみは、刺激を与えないこと、そして保湿ケアで肌力を高めることが鉄則です。ただ、そうはいってもできてしまった黒ずみをできるだけ早く解消したいとなると、これでは少々時間がかかります。

 

できるだけ早期に黒ずみを解消したい、何か良い方法はないかと調べていくと、ヨーグルトパックに行き当たることがあります。

 

ヨーグルトを使ったこの方法で、本当にデリケートゾーンの黒ずみが解消するのでしょうか?

 

肌質などにもよりますが、きれいになるケースも多いといいます。というのは、ヨーグルトにはマイルドなピーリング効果があるからです。肌に残った古くなった角質などを落とす効果があります。

 

つまりデリケートゾーンの黒ずみの原因は、ターンオーバーの乱れによるメラニンの残りや角質肥厚です。ヨーグルトのピーリング効果で古くなった角質などが剥がれ落ちればターンオーバーも徐々に正常化し、黒ずんでいた肌もきれいになる可能性があるのです。

 

ただ、ピーリングとは言ってもマイルドな効果ですし、肌内部に蓄積されたメラニン色素の残骸はそう簡単に排出されるものではありません。

 

一度のパックですっかりきれいになることはまずなく、何回か繰り返すことで徐々に解消していくと考えた方がいいでしょう。

 

 

 

関連ウェブサイトはこちら

デリケートゾーンの黒ずみについて説明していきましたが、いかがでしたか?

 

デリケートゾーンに限らず、黒ずみについての悩みを抱える人は少なくありません。

 

そういう方のために、黒ずみの情報をまとめているウェブサイトを1つ紹介したいと思います。

 

執筆者 かすみ